大正 キトサン 口コミ

コレステロールが高いと外食したらダメ?大正 キトサン青汁 と外食

コレステロールが高いと外食したらダメ?
大正 キトサン青汁 と外食メニューの工夫が
コレステロールには大事です

 

 

外食はフライやラーメン
中華の油いためなど
油もののメニューが多く
ついつい食べ過ぎる傾向にあるため
脂質オーバー、
カロリーオーバーになりがち

 

コレステロールが高いと外食したらダメ?

 

 

しかし、外食をしないというのは
長い食生活において
とても味気ないものですし
お付き合いなどもありますので
コレステロールが高めでも
上手に外食を楽しみたいものです。

 

 

大正 キトサン青汁があれば
外食時も強い味方で
外食する直前に
大正 キトサン青汁を飲んで
コレステロール対策はしていますが
やはり、外食時のメニュー選びは大事です。

 

 

外食とコレステロールの
バランスをうまくとるには
メニュー選びのコツを知り、
栄養バランスを整える
工夫が必要になります。

 

 

外食とコレステロールの
バランスをうまくとるには
料理ジャンルを毎日変えることを
意識するといいです。

 

 

仕事でランチは毎日外食になる
そういう方も多いでしょうから
まずは「料理ジャンルを毎日変える」
ことで色々な食材や調理法で
食事をとるということを意識してください。

 

 

 

そして、メニュ選びに困ったら迷ったら、
やはり・・・和定食がいちばんです。

 

コレステロールが高いと外食したらダメ?

 

 

外食は高カロリー、
高脂肪のメニューが多く、
野菜や豆製品、海藻類が不足しがちです。

 

 

しかし、和食は選ぶメニューによっては
ごはん、焼き魚、小鉢、味噌汁など
栄養バランスの良い
脂肪分が少ないメニューを
選ぶことが可能です。

 

 

 

和食でもどんぷりものを選ぶと
ごはんなどの炭水化物も多くなり
カロリーもグンと跳ね上がり
栄養バランスも偏りがちになります

 

 

ごはんの炭水化物と
肉などの脂質に偏ってしまいますので
迷ったら「和食、魚系の定食」
を選ぶようにすれば
外食でも問題ありません。

 

 

コレステロールが高いと外食したらダメ?

 

コレステロール値や
中性脂肪値が高い人は、
メニューの選び方を
工夫する必要があります。

 

 

 

30代、40代などの働き盛りの男性のなかには
昼食にかけられる時間が少なく
行きつけの店が決まっていて
そこで毎日同じような料理を選ぶ・・・

 

という方も多いかと思いますが
このような外食では
どうしても栄養が偏ってしまいます。

 

 

しかも早く食べられるとなると
どんぶりや麺類が多くなり
栄養が糖質と脂肪に偏りがちです。

 

 

コレステロール値や
中性脂肪値が高い人が
外食で栄養バランスを上手にとるには、
料理ジャンルを外食ごとに変化させると
バランスを取るのが容易になります。

 

 

コレステロールが高いと外食したらダメ?

 

迷ったら「和食がよい」とは言いますが
和食にも脂肪過多の料理は多く、
また、同じジャンルの食事を続けると、
食材や調理法が似たものになりがちです。

 

 

「和食がよい」のですが
食べるものが偏るということは
栄養バランス的に良くはないので
料理ジャンルを

 

和食→洋食→中華などの順番で

 

外食のたびに変えると飽きもこなくて
栄養のバランスがとりやすくなり、
食の楽しみも広がります。

 

 

 

和食のメニュー選びの際に
注意してほしいのが
丼物やめん類などの単品料理を避け、
品数の多い定食を選ぶことです。

 

 

コレステロールが高いと外食したらダメ?

 

とくに、めん類とご飯のセット
ラーメンライス、
焼きそばとライスなどは、
糖質と脂質が中心なので
カロリーオーバーと
栄養の偏りのダブルパンチ!

 

 

めん類とご飯のセットは
頻度を減らしたいものです。

 

 

 

また、揚げ物は控えめにし、
脂肪分が浮いている
ラーメンのスープなどは残しましょう。

 

 

外食は1日1回以下にするのも
コレステロールケアのコツになります。

 

 

外食の機会が多いと、
摂取エネルギーが増え、
脂質についても、
動脈硬化の原因となる
飽和脂肪酸の割合が多くなりがちです。

 

 

外食は、できれば1日1回以下とし、
不足しがちなビタミンやミネラルを
朝夕の家庭の食事で補いましょう。

 

 

毎日お酒を飲んで帰る習慣があるなら
可能な限り「仕事帰りの一杯」の
回数を減らすように心がけてください。

 

 

居酒屋などではメニューも選べますし
野菜中心のおつまみで飲むこともできますが

 

場の雰囲気でついつい食べ過ぎる

 

お酒が進んで気が緩んでしまう

 

などは避けることが難しくなります。

 

 

 

「仕事帰りの一杯」の回数を減らして
自宅で野菜や海藻類の多い
食事を味わうことが、
コレステロール値や
中性脂肪値が高い方の
食事の取り方としては何より大切です。

 

 

そして外食がどうしても続いてしまうなら
食事の前に青汁などを飲んで
食べ過ぎないようにする工夫や
野菜を補う工夫をすればいいです。

 

 

もし、コレステロールが気になっていて
食事と一緒に青汁を飲む
という方法で食事をケアするなら
キトサンという食後のコレステロールの
吸収をサポートする成分が入った
大正製薬のキトサン青汁を
用いてみると良いです。

 

 

大正 キトサンの青汁なら
大麦若葉とキトサンで
食物繊維やビタミンを取りつつ
キトサンで食後のコレステロールの
吸収を穏やかにするサポートをしてくれますので
野菜不足解消と
コレステロールケアが
同時にできますよ!

 

 

大正 キトサンの青汁は
薬ではなく
トクホ(特定保健用食品)の食品なので
効果も期待できますし
大正製薬という製薬会社が
国内の工場で作っているので
品質的にも安心して飲むことができます。

 

 

 

大正キトサンについてはこちら
大正 キトサン